元自衛隊陸将:福山隆の書籍

予約販売のため、550円(税込)のみでご提供!

※電子書籍(PDF形式)と書籍でのご提供(書籍は12月末完成予定)

※本キャンペーン価格は、初回購入の場合のみ適用となります。

 2回目以降のご購入の場合は通常価格となります。

「任務を成功させるためなら、天皇への信仰は自由だ」「絶対に死ぬな。お国のためなら、恥をかいてでも生き延びろ」

旧日本軍に密かに設立された秘密戦士養成機関「陸軍中野学校」。

そこには、極秘で選抜された日本トップクラスのエリートたちが集められた。


陸軍の学校にも関わらず、服装は軍服に丸坊主ではなく、平服に長髪。“天皇は絶対”、“玉砕覚悟”が当たり前だった当時、“天皇への信仰よりも任務を優先”、“なんとしても生き延びろ”と異質な教育が叩き込まれていた...


授業内容は、毒薬、偽札製造、外国語、法医学、心理学、気象学など多岐にわたり...甲賀流忍術14世名人を呼んで忍者の極意を学んだり、服役中のスリの名人を刑務所から招いての出張講義なども行われたという。


「陸軍」という言葉からは想像もつかない指導・科目ばかりが並ぶが…もちろん、これらの教育には全て重要な意味があった。


全ては、“日本を守り抜き、アジアを解放するため”


そして、卒業生たちは海を越え、インド、ミャンマー、インドネシアなどアジア諸国を独立に導くなど、歴史的な偉業を数々成し遂げ…英国支配の時代を終わらせた。


しかし実は、中野の教育課程はわずか1年前後…一体なぜ中野卒業生たちは、それほど短い期間の教育で、これほどの偉業を為すことができたのか?


もちろん、学校で叩き込まれた様々な技術も役に立ったことには間違いないが…中野出身者たちが次々とアジアからの信頼を得て独立を指揮し、歴史に名を残さずして偉業を成し遂げた最大の理由は別にあった。


戦後、インド独立に大きく貢献したある日本人にイギリス情報局が行った取り調べでは、こんなやりとりがあったという。


「現地の言葉も話せず、秘密工作経験も海外勤務経験もほとんどない君がどのようにしてこのような大成功を収めたのか。君にインド国民軍を創設し、インド独立運動のリーダーを最前線で支援する力があるとはとても思えない...」


男は少し笑みを浮かべてこう答えた。


「あなた方の植民地経営は上手くいっているように見えて現地住民たちを無視したものだった。そこには人間愛・思いやりがない。だから圧迫と摂取から彼らの夢であった民族の自由と独立への悲願達成を僕が手伝ったのみだ。そこに民族や言葉、敵味方の壁は存在しない」と。


それこそが、欧米諸国や中国解放軍、ソ連などが抱える一流の諜報組織ともまた一線を画す、日本人特有のインテリジェンス…陸軍中野学校が何よりも重んじた「誠の心」であった。


しかし、それほどの偉業を成し遂げた男たち、そして彼らを育てた陸軍中野学校が、ほとんど知られていないのには理由がある。


「中野は語らず」


彼らはこの不文律を生涯守り抜き、秘密戦士としての守秘義務で、戦時中はもちろん、敗戦後、卒業生はその学校について口を閉ざしたのだ...

そもそも、その学校の存在さえも当時、ごく一部の限られた軍幹部しか知らなかったという...

また、ほとんどの関連資料は、国家トップシークレットであり、人目に触れる前に、戦後すぐに、徹底して焼却された。


そうして、日本最高峰のインテリジェンス、秘密戦士たちの伝説は今日まで、封印されてきた...

しかし、その眠ったままの陸軍中野学校にこそ、日本人にしかない大切なインテリジェンスがある。


今こそ、それを学び、受け継いでゆく時が来た...

忍者・犯罪者・女形役者…

特殊な「教師」たちに学んだ陸軍中野の実技講義


陸軍中野のカリキュラムから読み解く

大本営の思惑と戦況の変遷


陸軍は生物兵器を用意していた?

天皇陛下が止めた幻の細菌爆弾作戦


これぞ、秘密戦士の鑑ー陸軍中野のモデルとなった

日露戦争の諜報工作・7人の英傑


インド、ミャンマー、インドネシア…

アジア諸国の独立を支えた中野卒業生の活躍


秘密戦士たちの戦後ー「敗戦=終わり」ではない…

密かに浮上したマッカーサー暗殺計画


三島由紀夫のクーデターに加担した

陸軍中野学校の関係者の正体


「陸軍中野は“スパイ学校”ではない」

卒業生が斬る陸軍中野の5つの嘘


陸軍中野学校を継ぐ者たちー

陸軍中野の精神を伝えた2人の男と

陸上自衛隊に設立された調査学校

✔️

✔️

✔️

✔️

✔️

✔️

✔️

✔️

✔️

など…ついに、封印され続けてきた

日本最高峰のインテリジェンスの扉が今、開かれる。

申し込み方法は簡単

以下のボタンをクリックし、注文画面にて必要情報とお支払い用のクレジットカード情報を入力しお申し込みください。

※電子書籍(PDF形式)と書籍でのご提供(書籍は12月末完成予定)

※本キャンペーン価格は、初回購入の場合のみ適用となります。

 2回目以降のご購入の場合は通常価格となります。

目次

第1章 伝説の「陸軍中野学校」とは?


◎秘密のベールに包まれた陸軍中野学校

◎「陸軍中野学校」創設の背景

◎大国に勝つための諜報・工作

◎中野学校の創設が遅れた理由

◎「陸軍中野学校」誕生までの経緯

◎創設に尽力した軍人たち

◎「陸軍中野学校」の諜報要員選別の特色

◎「陸軍中野学校」の学生種別

◎諜報用の秘密兵器を開発した「登戸研究所」

◎教育方針「謀略は誠なり」

◎寺小屋方式で行われた教育内容

◎陸軍中野学校のカリキュラムから窺えるもの

◎中野学校での特殊講義

◎日本の「特務機関」

◎特務機関の活動などから読み解く日本の諜報活動の特色

第2章 陸軍中野学校教育のモデルとなった先達


◎帝国陸軍の諜報の淵源――朝鮮半島をめぐる日ロの攻防

◎川上操六――陸軍参謀本部の父

◎田中義一――明石工作に繋がる対ロシア諜報活動

◎中村天風(「心身統一法」の創始者)――ロシア軍の後方攪乱

◎石光真清――シベリア・満州で諜報活動に従事

◎福島安正――単騎でシベリア横断し偵察を実施

◎広瀬武夫――極寒のシベリアを横断した軍神

◎明石元二郎――帝政ロシア内部の撹乱工作

◎諜報の先駆者から学んだこと、学べなかったこと

第3章 「陸軍中野学校」出身者たちの活躍


◎南方作戦を支えた特務機関

◎マレー作戦におけるF機関の活躍

◎マレーの虎〝ハリマオ〟と神本利男

◎蘭印作戦で活躍したパレンバン落下傘部隊

◎サイゴン放送局からのラジオ謀略放送

◎ビルマ独立への道をつくった南機関

◎インド独立における中野出身者の功績

◎国内防諜を担ったヤマ機関

◎遊撃戦(ゲリラ戦)能力の強化

◎義烈空挺隊による「義号作戦」

◎少年まで巻き込んだ沖縄の護郷隊

◎終戦時における工作活動

◎GHQのキャノン機関への協力

◎GHQの参謀第二部(G2)傘下の情報機関

◎敗戦国ドイツの情報将校が仕掛けた壮大な対米謀略工作

◎陸上自衛隊に陸軍中野学校の遺産を伝えた藤原岩市

◎三島由紀夫のクーデターに加担した山本舜勝

◎終戦から二九年後に帰国した小野田少尉

◎台湾軍の強化に寄与した中野卒業生

むすびに変えて――我が国の情報体制強化のための諸方策


◎中央情報機関(JCIA)の創設について

◎情報についての国民的教育

◎防衛駐在官制度の改善策

◎「クラウド・インテリジェンス局」の創設

◎日本の真の独立(Independence)は情報(intelligence)の独立から

特別寄稿 陸軍中野学校の思い出と日本の今後取るべき秘密戦体制

陸軍中野学校第3期生 牟田照雄

講師

福山 隆

Fukuyama Takashi

元自衛隊陸将・

ハーバード大学アジアセンター上級客員研究員


防衛大学校を卒業後、陸上自衛隊に入隊。その後、外務省に出向。海外から届いたばかりの外交・安全保障に関する機密電報を読み込み、韓国・北朝鮮の情勢を分析する、防衛駐在官を経験した。


帰国後には、世界初の化学兵器テロ、日本で最大の無差別テロである、「地下鉄サリン事件」が発生。福山はこの事件で、指揮官を任され、猛毒のサリンの潜む地下鉄構内に部下を派遣し、見事サリン封じ込めに成功した。


その後、米中覇権争いの「天王山」となっている、尖閣や沖縄の防衛にあたる、西部方面総監部幕僚長・陸将へ昇任。中国海軍の戦略の恐ろしさを肌で感じ取り、どうすれば日本の領土を守れるのか?陸上自衛隊の司令官という立場から、毎日のように分析をしてきた。


退官後は、ハーバード大学アジアセンター上級客員研究員において、アメリカとは何なのか?国家戦略や軍事戦略、地政学や民族の歴史を通して、米国のものの考え方など、徹底的に研究を重ねた。

書籍紹介

推薦文

「福山先生は時代の生き証人です」

大変輝かしいご経歴をお持ちの福山先生ですが、私自身様々な動画やご著書を通じて福山先生の深いご経験・知識に大変感銘を受けてきました。実際に私がわからなかった部分など「なるほどそうだったのか!」と膝を打ったことも多く、よく勉強させていただいております。


福山先生の著作から、「政治というのはこうやって動いてるんだ」ということをよく勉強させていただきました。日本国内の外務省や防衛省、警察庁などの縦割りの構造や足の引っ張り合いなど、日本はこういうとこもあるのか、日本だけではなくて諸外国の情報機関もこういうことをお互いにやってるんだなということもよくわかりましたし「実際のインテリジェンスの現場ではこうやって判断するのか」と言うことを学ばせていただきました。今でも先生の分析を拝読させて頂き、勉強させていただいております。

危機管理コンサルタント

丸谷元人氏

やはり現場で、いろいろ見られてきた方、特に海外でいろいろ見られてきた現場の方というのはやはり違った見方をするんだなというふうに思います。福山先生はいまだに不透明な部分が多い地下鉄サリン事件を指揮官として現場で見てこられた、本当に時代の生き証人のような方であります。

2つの品質保証確かな品質と安心のサービスをご提供します

15年間で

195.6万人以上が利用

91%が満足の顧客サポート

72時間以内に対応します

私たちのカスタマーサポートチームは91%のお客様から4つ星以上、うち81%が最高の5つ星の評価を頂いています。実際、休業日を除くと、72時間以内にはほとんどのメールに対応しております。なので安心して取引いただけると思います。

私たちダイレクト出版グループでは2021年6月時点で、過去15年間で累計195万6413人のお客様に、このような商品サービスを提供してきました。あなたが初めてではありませので、どうぞ安心してお試しください。

なぜ、550円で?

本書「陸軍中野学校のすべて」が完成した際には、弊社HP通常販売価格で2,728円(税・送料込)とする予定ですが…今回の予約販売にてご購入いただける場合は550円(税・送料込)でお求めいただけます。

一体なぜ、2,000円も安い価格で販売するのか?

理由は簡単です。実はまだ、「完成版」ではないからです。


今日購入していただいても書籍がお手元に届くまでに2ヶ月ほどかかりますし、今すぐご提供できる電子書籍も実はまだ編集中のもの…写真や図なども入っていませんし、まだこれから原稿に修正が入る可能性も大いにあります。


ですが、あまりに簡単に情報が盗まれる“スパイ天国・日本”の状況を少しでも早く変えるため、1人でも多くの日本人に「陸軍中野学校」について知ってほしいという思いから、完成前の販売に踏み切りました。


もちろん、書籍が完成した際にはご自宅にお送りいたしますが…現状では未完成ですから、正規料金をお支払いいただくのも…と、550円(税・送料込)という破格にてご用意させていただきました。


ですから今、もし少しでも気になるのであれば、先送りせずに、今日、本書を550円で手に入れてください。

申し込み方法は簡単

以下のボタンをクリックし、注文画面にて必要情報とお支払い用のクレジットカード情報を入力しお申し込みください。

※電子書籍(PDF形式)と書籍でのご提供(書籍は12月末完成予定)

※本キャンペーン価格は、初回購入の場合のみ適用となります。

 2回目以降のご購入の場合は通常価格となります。

今回ご提供する商品

購入後、

すぐ読める

電子書籍(PDF形式)

ご自宅まで郵送で

お届けする書籍

(12月末に完成次第、送付)

「ダイレクト出版」「Direct Publishing」は、ダイレクト出版株式会社の登録商標です。

Copyright © 2021 Direct publishing. All rights reserved.

電子書籍

税込

陸軍中野学校のすべて

550円